年齢はもはや関係ない

>

インプラント治療とは

インプラント治療って何

インプラント治療とは、インプラントと呼ばれるチタン合金でできた人工の歯を歯が取れてしまった歯茎に挿入し補強する治療法です。つまり、人工義歯のことです。歯は歯根によって支えられているので、歯周病や、ほかにも虫歯などで歯根が失われてしまった場合などに、他の歯科治療では対処が難しいのでこのインプラント治療をします。従来はこのインプラント治療の代わりが、部分入れ歯や総入れ歯といわれるものでした。この従来の治療法であった入れ歯よりもインプラント治療のほうが他の健康な歯に悪影響を与えることもなく、義歯を骨に固定しているため食事もほとんど違和感なくでき、見た目も本来の歯と変わらないという点で少しずつ主流になりつつあります。

インプラント治療の進歩

インプラント治療と聞くと手術を受けないといけないため身体の状態が良くなければいけない、高額で負担が大きい、治療期間が長いと考える方は多いかもしれません。しかし近年、新たな技術の発達により高額な費用が軽減されたり、1日で食べ物を噛めるようになるまで改善されたりと従来のインプラント治療から大幅な進歩がありました。さらに技術の発達とともに専門の歯科医師のレベルも上がっているため安心です。ただ、歯周病の進行次第ではインプラント治療を受けられない、またはほかの治療を受けなければならない場合があります。インプラント治療を受けてみようと検討中の方は、まずは実際に専門の歯科医師にみてもらい専門的な視点からアドバイスをいただきましょう。


この記事をシェアする