年齢はもはや関係ない

>

歯周病ってどんな病気

歯周病が日本人に多く見られるのはなぜか

厚生労働省の調査で約8割以上の成人が歯周病にかかっていることが分かりました。誰もがあまりに多いと感じるのではないでしょうか。若い人や子供たちも例外ではなく、歯周
病が見つかっているのが事実です。今や、歯周病は国民病とも呼ばれるようになってきています。日本人になぜこれまで多くの歯周病患者が見られるのでしょうか。それは、日本人が歯周病になりやすい生活習慣を送っていることがいちばんの原因と言えるでしょう。現代の日本人は時間に追われ、忙しい日々を送っているでしょう。そのためか、歯磨きを怠る習慣や喫煙、過度のストレスで体調を崩すことによる免疫力の低下など生活習慣の乱れが歯周病の原因になっているのでしょう。

歯周病の原因は何だろう

歯周病の主な原因は歯周病菌です。歯周病はこの歯周病菌の感染による炎症性疾患なのです。歯磨きを怠ったり、十分にできてなかったりして歯周病菌が歯や歯肉に付着したままの状態になっているとやがて粘着性の強い「歯垢」になり、歯磨きでも除去しづらいものへとなってしまいます。そうしてこの「歯垢」の菌が歯肉に炎症を引き起こし、歯を支えている骨をも溶かしていくので、歯がぐらつくようになったり、最悪の場合、歯が抜け落ちたりしてしまうのです。こうなってしまうと手遅れなので、日頃から歯磨きを怠ったりせずに、時間をかけて、正しいブラッシング方法で、しっかり歯周病菌や歯垢を除去し、常に口の中を清潔に保つことがとても大事なのです。


この記事をシェアする