じわじわ増えている?歯医者も警告の歯周病

年齢はもはや関係ない

歯周病ってどんな病気

日本人に最も多いと言われている病気でもある歯周病。医療技術の高いはずの日本で、なぜこれほど多くの歯周病を持った人がいるのか、また、なぜ今まで歯周病という病気があまり注目されてこなかったのだろうか。これらの疑問を解決すべく、まずは歯周病の原因を知ろう。

歯周病の兆候がよく見られる年齢

子供にも増えてきている歯周病ですが、やはり歯周病が多くみられるのは免疫力の低下してくる30代以上の中高年です。日本人に多く見られる病気とは言え、歯周病になりやすい人、注意した方がいい人がいるのは事実です。自分に当てはまっていないか、確認していきましょう。

インプラント治療とは

歯周病の治療方法の一つとしてインプラント治療というものがあります。従来は高額な費用を要していてそれがネックでしたが、近年は比較的安価になってきている傾向があり注目されている治療方法です。では、インプラント治療とはどういったものであるか説明していきます。

歯周病になるのはなぜだろう

日本人の約8割がかかっているといわれている歯周病。成人の方がかかりやすいと思われていますが、実は子供でも3人に1人が歯周病に悩まされています。だがしかし、こんなに発症している人が多いにも関わらず、歯周病についてよく知らない人が多いと思います。それは、歯周病の特徴として、発症しても初期段階では、歯ぐきに腫れが見られてもほとんど痛みを感じることはなく、歯磨きの時に少量の出血を伴う程度で、自覚症状があまりないということが原因だと考えられます。
歯周病は、歯周病菌が原因で歯肉が炎症を起こし、この状態を放置しておくと悪化し、歯がぐらつき始め、最後は抜け落ちてしまう病気です。「歯ぐきが腫れている」「歯ぐきからの出血が見られる」「歯がぐらつく」など少しでも違和感を覚えたことがある人は要注意です。歯周病かもしれません。
しかし、歯周病の恐ろしいところはこれだけではありません。それが近年、歯周病が日本でもよく取り上げられるようになったことの理由の一つでもあるように思います。それは、歯周病が全身の他の病気に関係していることが分かってきたのです。特に、糖尿病との関連性が深いことが知られています。
ここで歯周病についてよく知り、自分の口の中を普段以上に意識してみましょう。歯周病は自覚症状がわかりにくい初期の段階で、治療を始めることがとても重要です。歯周病治療は近年急速に進歩しています。歯周病は、予防できる病気でもあるので定期的な歯医者での歯科検診や生活習慣の見直しも大切です。